年齢とともにバストが広がる!?寝ながらできる予防法

年齢を重ねるとともに、何だか若いころと形が違ってきたバスト。

鏡でよく見ると、前を向いていたはずのトップが横に広がってきているような気がしませんか?

これは胸を支える重要な靭帯や筋肉が緩んだり弱ったりしてきて起こる現象で、基本的に加齢が原因です。

下着メーカーも、ターゲットとなる年代ごとにブラジャーの形や機能を変えたりしています。

しかし、みんなが同じような感じになっているとはいえ、広がっているバストですと見た目が気になりますし、服を着たときのスタイルにも大きく関わってきますよね。

歳をとって見えてしまうこともあるので、補正下着などを活用している方も意外と多くいらっしゃるようです。

さて、毎日のケアでバストの余計な広がりを防ぐには、夜にもブラジャーをつけることが良いとされています。

夜は窮屈感がいやでブラジャーを外してしまうという方も少なくありませんが、寝ている姿勢ではバストが自然と横に広がっていく形になります。

この姿勢のままでバストを放置してしまうと、バストを支えている組織に必要以上の負荷がかかってしまい、ひどい場合には伸びたり傷んだりしてしまいます。

これが重なっていくと、最終的には若いことのバストとは違う形になってしまうのです。

このように、綺麗に前を向いたバストを維持するには、いかに就寝中でもきちんとした形状を保てるか、ということがポイントになってきます。

ブラジャーと言っても、昼間につけているようなワイヤー入りのものでなくてかまいません。

寝ている最中でも不快感の少ないナイトブラジャーというのがさまざまなメーカーから発売されています。

是非ご自身のバストのために活用してみてください。

バストが成長しない理由は「生活習慣」に問題あり

バストが成長しないと悩みを抱えている女性は多くいています。特に思春期だと相手と比べてしまいがちになってしまいます。バストが成長しない原因や理由はちゃんとあります。

バストが成長しない原因としてまずあげられるのが「生活習慣が悪い」ことです。「生活習慣を改善しよう」と言われても自分はいつも普段通りなのになにが悪いかわからないということになってしまいます。

まずは「食事」からです。食事は重要で、体の基本を作っているのは食事です。

勘違いしている人も多いのですが、バストが大きくなる豆乳やキャベツばかり食べていてもバストは大きくなりません。

豆乳に含まれているイソフラボン、キャベツに含まれているボロンなどの栄養素はバストが大きくなると言われていますが、そればかり摂っていても効果はなく、きちんとバランスよく栄養素を摂取しないと効果が出てきません。食事はバランスを考えて、それにプラスして豆乳などを追加する方が良いでしょう。

もうひとつバストが成長しない原因としてあげられるのが「睡眠」です。

最近でよくテレビなどの情報番組で「夜の22時から2時の間にホルモンが分泌しやすい」と聞いたことはありませんか。

この時間をゴールデンタイムというのですが、ホルモン分泌される時間に寝ていないことがバストが大きくならない原因です。

ホルモンが分泌されないということは女性ホルモンが少ないということになりますので、バストはなかなか成長しません。しっかりとこの時間に睡眠を取るようにしましょう。

バストが成長しないのは自分に生活習慣に原因があるのです。他にも運動不足やストレスなどもバストが成長しない原因になりますので、成長しないと悩んでいる人はまずは自分を生活習慣を見直してみましょう。